ライフスタイル

沈む前に行っておくべき!どこを撮っても絵になるヴェネツィアが美しすぎた

2019年夏にイタリアを旅行し、念願だったベネツィアに行ってきました!

本当に美しくロマンチックな場所で、ハネムーンに人気なスポットなのも頷けます。

それでは、ヴェネツィアへ見所をまとめて紹介していきますね♡

ヴェネツィアに憧れていた理由

昔からいつかヴェネツィアに行ってみたいと思っていたのですが、その理由は2つあります。

まず1つ目、シェイクスピアの作品で好きだったのが『ヴェニスの商人』だったこと。

そして2つ目は、私の大好きな天野こずえ先生の作品『ARIA』の舞台であること。(正確には地球から建築物や風習を移転したネオ・ヴェネツィアだけど)

念願の旅行だったので、行く前から楽しみで仕方ありませんでした!

ラピさま
ラピさま
アリア社長を探すって張り切ってたよね!

ヴェネツィアの観光名所

「アドリア海の女王」と讃えられたヴェネツィアは、かつて共和国として1000年も独立していた地中海最強の海洋都市。

そんな歴史があってか、イタリアの他の都市とは全く違った雰囲気を感じる場所でした。

サン・マルコ広場〜鐘楼〜サンマルコ寺院

サン・マルコ広場は、かのナポレオンが「世界一美しい広場」と称賛した場所。

広場にあるカフェでは、生演奏が聴けてめちゃめちゃ優雅な気持ちになれました。

伝説の老舗 カフェ・フローリアン

『ARIA』の作中にも出てくる、カフェ・フローリアン。

カフェ・フローリアンは、1720年12月29日に Floriano Francesconi が『Alla Venezia Trionfante』という店名でオープンした現存する世界最古のカフェ!

次第に常連のお客さんたちが店主の愛称である『フローリアン(Florian)』と呼ぶようになり、『カフェ・フローリアン』となったそうです。

そしてこのお店こそが、カフェオレ発祥の地でもあります。

今回は残念ながら飲むことができなかったので、今度は絶対…!!

リアルト橋

この写真はリアルト橋からの眺めですが、サンセットタイムはとても幻想的でした。

ヴェネツィアの定番スプリッツ

カンパリをベースにプロセッコとソーダで割ったスプリッツが、ドリンクの定番!

ディナータイムになると、まず全員がこれから始める食前酒です。

きれいなオレンジ色がヴェネツィアの空や海の青と映えて美しい♡

カンパリが苦手な私でも、飲みやすくて美味しいと感じたカクテルでした!

スナップショットを撮るのが楽しすぎる

ヴェネツィアの街は、基本的に徒歩か水上バスでの移動。

水上からも、地上からも撮影するのが本当に楽しかったです!

なにせこの場所は、どこを切り取っても絵になる。

被写体が素晴らしいと、写真が上手になったような気になります。笑

街で出会った素敵なこと

『ARIA』を見たことがある方はわかると思うのですが、街中で知り合いにばったり遭遇しているシーンがあったりしますよね。

私にもこの旅の中で、そんな素敵なばったりがあったのです!

ヴェネツィア滞在中の夜、ディナーに行ったお店のウェイターさんがとっても気さくで、英語で色々と話しかけてくれ、美味しく楽しい時間を過ごすことができました。

そして翌日、そのウェイターさんとたまたま街中で遭遇!

なんと覚えていてくれた向こうから、私たちに声をかけてくれたの♡

『ARIA』のワンシーンのような気分を味わうことができて、嬉しくなったのでした。

美しい水の都ヴェネツィアは、死ぬまでに一度は行くべき場所!

ぜひ次の旅行リストに加えてみてはいかがでしょう♡