コラム

「ねばならない」の呪縛を解くには

ライフセラピスト MERUMOです。

先日、エナジートリートメントに1年ほど通ってくださっているお客様から

  • 以前より落ち込むことが圧倒的に少なくなった
  • 「こうでなければ!」という思考から解放された
  • 自分の考えを他者に押し付けていたことに気づけた
  • 日々の小さな気づきが加速している
  • 自分が変わったことで家族にも変化が起こり始めている

という、嬉しい変化のご報告をいただけました!

お客様は当初、ご自身の持っている常識と周囲の人の常識のズレに大変苦しまれていました。

「普通はこうあるべき」「常識的にはこうでしょ」「一般的に考えたらこれが当然じゃないの」と、怒りや不満を溜め込んでいらっしゃる状態だったんです。

でもヒーリングに通ってくださりビーマーライトペンの色と光で体や心が緩み、潜在意識にスペースができるごとに、思考も柔軟に変化していきました。

どれもこれも、ご自身が自分と向き合い進んできた結果です♡

さらに現実的な変化の結果を手にしていってくださいね!

「〜ねばならない」の在り処

誰の中にもその人が信じる信念や価値観があります。

現代はこの価値観が多様化していっているため、考え方の違いが人間関係の摩擦を生んでいる一番の原因なのだと思います。

だからと言って、私たちは他人を変えることができません。

できるのはいつだって、自分を変えることだけです。

第3チャクラと自尊心

みぞおちとおへその間に位置する第3チャクラは、自己主権と関わっており自尊心や自信、責任と関係しています。

人生の様々な選択を、自分自身の意志で決断し行動するための重要な役割を果たすチャクラです。

何かを選ぶためには基準が必要になりますよね。そのためのルールや価値観というものも、この第3チャクラが司っています。

健康的な第3チャクラは自分の自尊心を保ちながら、他者の価値観を認め、尊重する寛大さをもたらします。

しかしチャクラのエネルギーが乱れてしまっていると、自尊心が肥大しすぎたり、あるいは小さくなりすぎてしまいます。

「ねばならない」というのは、不安定な自尊心を守る方法として存在しているのです。

自尊心を脅かされる恐れによって自分や他者へのジャッジが生まれると、被害者意識や攻撃性を生み出し、感情のコントロールができなくなってしまいます。

自己主権を取り戻す

自己主権とは、自分のパワー、つまり自分自身の意志です。

しっかりとした自己主権が確立されていない人は、うまくいかないことや問題を他者や環境のせいだと考えます。お金がないから、時間がないから、親がこうだから、子供が、上司が、パートナーが…。

誰かや何かに責任を押し付ければ、自分自身を責める必要はなく、感情的には楽かもしれません。

でもそれを繰り返していれば、自分自身で人生を創造しているという自信はますます失われ、結果的に他者や状況に振り回される(と感じるのであって実際はそうではないのですが)経験を繰り返すだけです。

自己主権を取り戻すためには、自分自身の選択によってその状況が生まれていることを受け入れ、自分自身の意志で状況を変えられることに気づくことです。

自分の人生に対する責任をもう一度自分の元に置き、その上で本当に自分が何を望んでいるのかに耳を傾け、そのための選択と行動を自分主体で行うこと。

健全な自尊心は、自分自身が自分を尊重しているという積み重ねによって培われます。

自分を大切に扱えるからこそ、他者のことも尊重できるようになります。

外ではなく自分のことを見る

「ねばならない」の呪縛に苦しんでいる人は、まず他者や環境などの外を見ることをやめて、自分自身に目を向けてあげてください。

自分をないがしろにしていないか、自分の時間や空間を持っているか、自分を喜ばせるためのことをしているでしょうか。

外にばかり気を取られ、自分に滋養を与えられていなかったのならば、自分を尊重し自己主権をあなたの手に戻してあげてください。

そうすることで不安定だった自尊心がバランスを取り戻し、自分の首を締める「ねばならない」というジャッジから解放されていきます。

それでも自分自身ではどうしようもない強いジャッジに苦しんでいらっしゃる方は、ぜひ私に会いにいらしてくださいね。

個人セッション
個人セッションのご案内現在、MERUMOがご提供できる個人セッションについてのご案内です。 各セッションの詳細は、リンクしているページよりご覧ください♡...
ABOUT ME
アバター
MERUMO
色と光で人生を美しく変容させるライフセラピスト。ビーマーライトペン®︎ティーチャー。魂との繋がりを取り戻し、自分自身とのパートナーシップを回復させることを得意とする。セッション実績は2000件以上。