コラム

ハートで感じるとは、真実を求めること

ライフセラピスト MERUMOです。

スピリチュアル系のブログに「ハートで感じる」とか「ハートで決める」という言葉が綴られていることがよくあるのですが、誤解を招く表現でもあるなと思っています。

なぜならハートと感情を混同してしまうと、厄介なことになりかねないからです。

ハート=感情だけではない

ハートとは、胸部に位置する第四チャクラ。別名ハートチャクラと呼ばれているエネルギーポイントのことです。

ハートチャクラの役割
  • 愛と許し
  • 共感力
  • 感受性
  • 真実の探求
  • 与えること/受け取ること
  • 下部と上部のチャクラを繋げる

ハートチャクラは、感情のセンターであるとも言われています。

しかし、健全に機能しているハートは、感情の波に飲み込まれてしまうことがありません。

感情を感じながらも、自分の中心を保ったまま真実を求め、どんな状況にあってもそこから愛を感じ取ることができます。

ところが多くの人は、ハートが傷ついていたり、閉じてしまっている状態のままです。

その状態で「ハートで感じる」「ハートで決める」ことをするとどうなるでしょうか。

恐れや不安によって、感情的なレベルの快・不快で物事を取捨選択してしまうのです。

やりたくないことからも得られるものがある最近の風潮として「やりたくないことをやめる」という概念が広まっているようですね。 でもこのスローガンを盾にすることで、自分の人生か...

例えば「やりたくないことをやめる」というのも、感情的なレベルで左右されているのだとしたら、ハートで決めているわけではないのです。

なぜなら、ハートが開いているならばそこに愛を見出せるから。

「この状況は宇宙が与えてくれた、私のための出来事」と捉え、私に何を気づかせようとしているのかを受け取る姿勢を持てるのです。それこそが、真実の探求です。

傷ついたハートを癒すには

ハートが傷ついたとしても、身体の怪我や症状と同じように、すぐにケアをすれば治りは早いです。

問題は慢性化してしまっている古いトラウマや、何度も傷ついたことでハートが固く閉じてしまっている場合。

それでも、きちんとケアしてあげることで次第に本来の状態に戻すことができます。

ハートを癒すには、自分を愛することが何より大切なことです。

もし今、自分を愛することがよくわからないという状態になってしまっているなら、要注意!

それはハートが閉じてしまっている証拠とも言えます。

少しずつ癒していくことを始めましょう。

自分を愛するためにできること

  • 自分に対して優しい言葉をかける
  • 自分のために花を買って帰る
  • 身体を労わるために上質なマッサージを受ける
  • 幸せを感じられる物事にお金を使う計画をする
  • お気に入りのアロマの香りで空間を満たす
  • 心地よい素敵な音楽を聞く
  • 「すみません」より「ありがとう」を増やす
  • 自分のための時間をアポとして予定表に入れておく

より早く癒しを得るには

深い傷を受け、凝り固まってしまっているハートを開くには、セルフケアだけでは不十分の場合があります。

人には恒常性が備わっており、元の状態に戻ろうとする働きがあるからです。

自分では手の届かないところもありますし、灯台下暗しというように見落としてしまっていることも大いにあります。

セラピストによる適切なサポートを受けながら癒しのプロセスを進むことで、回復を早め、確実にしていくことができます。

過去のトラウマに苦しんでいたり、フラッシュバックはなくとも傷ついたことが原因で愛し愛されることに問題を抱えていたり、感情の波に飲み込まれてしまうことがよくあるという方は、ぜひヒーリングでケアしていきましょう。

ニュートラルな自分に戻る【エナジートリートメント】エナジートリートメントは、ビーマーライトペンの植物・鉱物・色のエネルギーと光を用いて行うヒーリングセッションです。 様々なヒーリン...

あなたが本当にハートから愛を感じ、愛を与え、愛を受け取れることができるように。

ABOUT ME
アバター
MERUMO
色と光で人生を美しく変容させるライフセラピスト。ビーマーライトペン®︎ティーチャー。魂との繋がりを取り戻し、自分自身とのパートナーシップを回復させることを得意とする。セッション実績は2000件以上。