健康

運動嫌いの人こそジムで筋トレがハマる!

30代を過ぎて一番感じた体の変化といえば、体重が落ちにくくなったこと。

あれ、ちょっと顔がむくんでるな?…いや違う、これは一時的な浮腫みじゃない。

えっ!?しばらく体重計に乗らなかった間に一気に増えてる!

でも、食事制限すれば戻るはず。と、思ったものの全然体重が戻らない。

焦った私がとったアクションは、大嫌いな運動を始めることでした。

ジムを始めたきっかけ

よく30代になると「代謝が落ちる」ということを聞きますが、あれは本当です。

20代のような食生活をしていると、勝手にどんどん太っていきます。

代謝が落ちているため、食事制限をしても体重が減ることはなくなり、むしろ食べないことで筋肉を失ってしまい、さらに代謝が落ちるという悪循環に!!

こうした事態を招く前に、エクササイズを始めておけばよかったと後悔しました。

とはいえ小学校の頃から仮病で体育の授業を休むほど、大の運動嫌いな私。

ちゃんと運動をしたことが、生まれてこのかた一度もないのです。

そして飽き性という性格も加担して、継続力がなく、ヨガですら3ヶ月続きませんでした。

『ダンベル何キロ持てる?』に感化される

ボディラインが気になり始めたころ、ちょうどオンエアーされていたアニメ『ダンベル何キロ持てる?』を見た私は衝撃を受けました。

『ダンベル何キロ持てる?』は、女子高生がダイエットのためにジムに通い様々なトレーニングに挑戦していくギャグアニメなのですが、筋トレ用語を解説してくれたり勉強にもなるアニメなのです!

める
める
ジムのマシンを使えば、何十回も動作しなくていいんだ!
ラピさま
ラピさま
筋肉痛のときは休んで毎日は通わなくていいとも言ってたよね

これなら私にも、できるかもしれないと思ったんです。

マシンでのトレーニングは自宅筋トレと別物

運動嫌いの人にとって筋トレに対するイメージは、たくさんの回数をこなさなければいけないというものではないでしょうか?

例えば、腹筋100回とか、スクワット50回とか。

回数を考えただけで「いや、そんなの絶対無理」と思ってしまいますよね。

でもジムのマシンで負荷をかければ、10回×3セットといったように、少ない回数で済むのです!

ジムに通い始めて変わったこと

思い立ったが吉日ということで、早速ジムについて検索し自宅から一番近いジムへ契約に行きました。

最初にInbodyという機械を使って体組織の測定をしてもらったのですが、数値を見てび驚愕!

なんと筋肉量がかなり少なく、体脂肪が30%を超えていたんです( ゚д゚)

インストラクターさんの話によると、これ以上放置していたら骨粗鬆症になるところだったとか…。

実は運動嫌いではなかった!

ジムに通い始めてからわかったことは、自分は運動嫌いではなかったということ。

なぜなら2020年1月現在で約4ヶ月、コンスタントに通い続けることができているからです。

める
める
自分のペースでトレーニングするのは楽しい!

つまり私は、運動神経が良くないため人目が気になり、体育の授業が苦手だっただけ。

でも運動そのものが嫌いだと思い込んでいて、今までずっと避けてきてしまったのです。

数字でわかる達成感

マシンを使って筋トレすると、回数は少なくて良いのですが、徐々にかけられる負荷の重量が増えていきます。

最初は一番軽い5kgでさえひーひー言っていた自分が、今では20kgの負荷をかけられるように!

チビめる
チビめる
やればできるじゃん!

少しずつですが、重量が上がるごとに筋力アップしていることを実感できます。

また毎月の測定で体脂肪率や筋肉量などが数値化されることにより、今月はこれだけ頑張ったな!と思うことができるので、モチベーションが維持されています。

もしかしたらこれを読んでくれている運動嫌いのあなたも、筋トレならば続けられるかもしれませんよ!

自分に合ったジムを探そう

最近は色んなタイプのジムが運営されていて、行こうかと思ってはいるけれど自分にどんなタイプのジムが合うのかわからない…という人も多いのではないでしょうか?

今回は女性向けにジム選びのポイントを紹介します!

自宅から近いこと

汗をかくことを考えると、ノーメイクでジムに行くことがほとんどです。

また着替えを最低限にするため、スポーツウェアのままで出かけられる方が断然楽です。

当然トレーニングをしたら疲れるので、すぐに家に帰れる方が良い。

ということで、立地は自宅周辺か最寄駅で探すのがベストです。

通いやすい料金

ジムは会員制であることがほとんどで、入会後は毎月の出費となります。

そのため固定費として支払える範囲の料金設定であるジムを選ぶのが無難。

ダイエットに特化した期間限定の集中型コースを売りにしているジムもありますが、やめてしまうとリバウンドする可能性もあるので、エクササイズは続けることに意味があると考えます。

ジムの種類とパーソナルトレーニング

ジムにはいくつかの種類があります。

総合型ジムトレーニング器具・プール・スタジオレッスンの利用ができる
特化型ジムトレーニング器具のみ、365日24時間利用可能。
パーソナル型ジム専属トレーナーのマンツーマンによるトレーニングや食事の指導。

基本的に総合型や特化型のジムでは、器具の使用方法を最初に教わったあと自分自身でトレーニングをすることになります。

パーソナル型のジムでは最初から専属のトレーナーがつき、決まった時間にジムへ行きトレーニングを行います。

ただ最近では総合型や特化型のジムでも、オプションでパーソナルトレーニングを利用できるジムが増えているように思います。

オプションで選べるシステムであれば、自分自身のペースでトレーニングを始め、変化が無くなって来たタイミングでパーソナルをお願いすることができます。

最速で痩せたい!身体を引き締めたい!という方、自分一人では絶対サボってしまうと思う方は、パーソナル型に直行するのが良いと思います。

いろんなエクササイズを体験してみたいという方は、ダンスやヨガ、ピラティスなどのレッスンが行われている総合型のジムがおすすめ。

筋肉は裏切らない

筋トレをすると体が引き締まるだけでなく、メンタルにも良い影響があるように感じます。

なぜなら筋トレは一朝一夕のものではなく、コツコツ続ける継続力を養うトレーニングでもあるからです。

ツイートしたように、ジムに行くことで自分の体のコンディションを確認することもできます。

もっと早く筋トレに目覚めていればよかった!と本気で思う。

今年も引き続き、ジムでトレーニングしつつ食事にも気をつけて、健康管理をしっかり行っていきます。

みなさんもぜひご自身のために、トレーニングを始めてみては?

一緒に筋トレ仲間になりましょ〜♡